HOME > 症例別の解説

症例別の解説

O脚

足を揃えてまっすぐ立った時に、膝の間に隙間がある状態がO脚と呼ばれています。
O脚には、先天性で矯正できない「構造的O脚」と、普段の姿勢、歩き方のクセが原因の「姿勢的O脚」があります。後者が矯正可能なO脚です。
では姿勢的O脚は膝の隙間が狭くなれば改善されるのでしょうか?答えはNoです。


姿勢的O脚を生み出す3大要素とは?

O脚を矯正するためには膝関節を正しいポジションにもっていき、それを維持することが必要です。
膝関節を"単にくっつけるというだけ"では矯正とは呼べません。
股関節や骨盤を上手く使いながら膝関節を体全体でサポートできるようになること、このことがすなわちO脚を矯正するということなのです。

okyaku1.jpg1.内股 (がに股ではありません!)
姿勢的O脚は、膝のお皿が内向きになって膝の裏がつっぱることでおこります。

2.外側重心
外側にばかり体重をかけているため、脚の内側の筋力は低下します。

3.骨盤の前傾
脚の付け根の筋肉を縮め骨盤を引っ張り前傾させてしまいます。

それ故O脚は見た目だけでなく体にも以下のように様々な不調をおこす事があります。


・脚の付け根が痛む
・脚の血流が悪くなり、冷えたりむくみやすくなる
・骨盤を前傾させ、歪みの原因になる
・将来的に、変形性の関節症になりやすい

当院では・・・

当院では、O脚でいるために硬くなった殿部、大腿部、腰背部を中心に筋肉と関節を調整し、膝がまっすぐ前を向けるようにしていきます。
自分で意識できる姿勢のとり方と、脚の内側の筋力をつけるための体操も取り入れ、O脚の改善を目指します。

 


<前へ      |      次へ>
ご予約優先制 お気軽にお問い合わせください! メールでのお問い合わせはここをクリック
どんな症状でお悩みですか? 頭・顔・首 肩・腕 腰・背中・胸 臀部・脚 全体・自律神経系 姿勢・身体のゆがみ
ご予約・お問い合わせ メールでのご予約はこちらをクリック!
経堂整体院ブログ大川カイロプラクティック・グループとは?子育てママへクレジットカード使えます