HOME > 症例報告

症例報告

←症例報告一覧へ戻る

慢性の腰痛で、長く座っていると脚が冷えてむくみ痛みもでる。首肩のこりもひどい。

来院時の症状

来院時の症状
Kさん 20代男性
仕事でパソコンを10時間以上使用しているため、夕方を過ぎた位から肩こりが
ひどくなり、左肩~上腕部に痺れが出る。首を後ろに倒す時に痺れが強くなる。
忙しい時はパソコンの時間がさらに増え、頭痛が起こることもある。

検査・原因分析

デスクワークの時間が長いためか背中が丸くなり、頭が肩より前に出る癖がある。
立位時では骨盤が前傾し、腰のカーブが強くなっている。
全身で左向きにひねる癖もあるため、左の肩・首により負担がかかり、硬くなりやすい状態である。長時間のパソコン作業により、左の肩・首の筋肉がさらに硬くなり、首から手まで出ている神経を圧迫したため、痺れが出たと考えられる。

施術プラン

首や肩周りの筋肉の緊張を和らげて、神経を圧迫しないようにする。
背中の筋肉の緊張、関節を調整して背中の丸みを取ることで、頭が肩の上に乗るようにする。
首全体を動かす体操を行い、筋肉が固まるのを抑える。正しい姿勢をとることによって腹筋、背筋でバランスをとり、頭が前に出ないようにする。

治療の経過

1回目
施術後、首を後ろに倒した時の痺れが少なくなった。
首全体を動かす体操、正しい姿勢を指導。

2回目(8日目)
全身疲れている。首を後ろに倒すと左の肩~上腕に痺れがある。
前回よりも痺れは少なくなった。骨盤の前傾が多少ある。

3回目(15日目)
腰、臀部が重い。左の肩~上腕の痺れは首を倒した時のみ出る。
正しい姿勢が身に着いてきた。

6回目(37日目)
全身疲れている。左の肩~上腕の痺れは前回と変わらない

7回目(45日目)
体の調子は良い。首を後ろに倒しても左の肩~上腕の痺れは気にならなくなった。

8回目~現在
週一回のペースでメンテナンスを継続中。
腕の痺れもほとんど気にならず、頭痛はまったく出ていない。
週に一回ボクシングジムに通い、体を動かしている。

ご予約優先制 お気軽にお問い合わせください! メールでのお問い合わせはここをクリック
どんな症状でお悩みですか? 頭・顔・首 肩・腕 腰・背中・胸 臀部・脚 全体・自律神経系 姿勢・身体のゆがみ
ご予約・お問い合わせ メールでのご予約はこちらをクリック!
経堂整体院ブログ大川カイロプラクティック・グループとは?子育てママへクレジットカード使えます